相続の一切を放棄したい

相続放棄

遺産相続が発生したけど、色々な事情があって相続したくない場合があります。
その場合には
相続放棄という手続きを選択することになりますが、
相続放棄は被相続人の死亡を知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所に申述しなければなりません。

期限の短さもさることながら、万が一相続放棄の申述が家庭裁判所に受理されなかった場合にはやり直しがきかずに相続放棄をすることができなくなってしまう可能性があります。
失敗が許されない手続きだけに、できるだけ司法書士等の専門家に依頼した方が良いでしょう。

初回のご相談は無料となっておりますので是非ご連絡下さい。

相続放棄でお困りではありませんか?

  1. 被相続人の借金が高額なので相続したくない
  2. 被相続人が亡くなってから数年経って債権者から借金の督促状がきた
  3. 地方の山林など価値のない不動産を相続したくない
  1. 相続からもうすぐ3ヶ月経過しそうなので相続放棄を急いでいる
  2. 相続から3ヶ月を経過しても相続放棄できるの?
相続放棄とは、その名のとおり相続を放棄することです。
相続放棄の効果は強力で、相続放棄の申述が受理されるとその相続人は初めから相続人では無いことになります。
つまり、被相続人に大借金があったような場合でも一切それを相続しなくて済むのです。
逆に借金のようなマイナスの財産だけではなく、不動産や預金などのプラスの財産も相続することはできません。良いとこ取りはできないルールになっています。

相続放棄をする理由として一番多いのが被相続人に多額の借金がある債務超過状態の場合です。被相続人の借金を相続人であるというだけで背負わされて人生が狂うようなことがあってはいけません。人道的に身内の借金は身内で返すという考えの方も中にはいますが、相続放棄は何も悪いことでなく法律で定められた借金からの救済手段の一つです。

相続放棄をすることによって不都合なことは出てきませんので安心して下さい。例えば、いわゆる「ブラックリスト」に載るようなこともありません。ですので相続放棄をした後もクレジットカードや金融機関の借入に問題が出てくるようなことはありません。

その他、相続放棄を選択する人は以下のような事情がある方です。

  • 被相続人から生前贈与を受けている
  • 生活が安定している
  • 遺産が少ない
  • 遺産を分散させたくない
  • 相続の手続きに関わりたくない

特に「相続の手続きに関わりたくない」という方は、実は結構多いです。

他の相続人の関与なしに単独でできる手続きが相続放棄です。
相続放棄をすることで煩わしい手続きからドロップアウトすることができます。

相続放棄おまかせプラン

相続放棄おまかせプランの特徴

家庭裁判所への申述が必要な相続放棄の手続きについて、当事務所が最初から最後までしっかりとサポートします。
相続放棄は期限のある手続きです。また期限内であっても要件を満たしていないと相続放棄ができなくなることがあります。手続きのみのサポートではなく、相続放棄が必要かどうか、相続放棄の落とし穴など総合的・多角的にアドバイスをさせていただきます。
また、期限の過ぎた相続放棄でもあきらめないで是非ご相談下さい。期限越えの相続放棄でも多数の受理された実績があります。
相続放棄が無事に受理された後に、新たに相続人となった次順位の相続人の方へのご連絡も代行可能です。

相続放棄おまかせプランの流れ

1ご相談(初回無料)

まずはお問い合わせフォームまたはお電話にてご連絡下さい。
ご相談日時の調整をさせていただきます。ご高齢やお身体が不自由で外出が難しい場合は無料で出張相談も対応しております。Zoom を利用したオンライン相談も可能です。

初回のご相談では、亡くなった方のご家族の構成や、なぜ相続放棄をしたいのか、相続放棄が適切なのかなどをお話しをお聞きしながらご説明させていただきます。

  • 相続人の関係を手書きで簡単に図にしたもの
  • 遺産の内容が分かる資料(不動産の登記簿謄本、預貯金通帳など)
  • 負債の内容が分かる資料(債権者からの督促状など)

これらをお持ちいただけるとお話をスムーズに行うことができます。
ご相談の中で、概算の費用をお伝えします。正確な費用の御見積書もお送りします。ご家族とご相談して依頼するか決めて下さい。もちろんその場で決めていただいても結構です(^^)

2戸籍などの収集

相続放棄に必要な戸籍や住民票などを当事務所が代理で取得します。
司法書士の職権で戸籍などを集めますのでお客様に負担をお掛けすることはありません。

3相続放棄申述書の作成・家庭裁判所への提出

当事務所にて相続放棄申述書の作成と管轄家庭裁判所への提出を行います。お客様に裁判所に行っていただく必要はありません。

4家庭裁判所から照会書が送られてきます

相続放棄の申述をしてから2~3週間経つと、お客様宛に直接裁判所から相続放棄をした理由を尋ねる内容の照会書が郵送されます。照会書が届いた当事務所へお知らせいただければ、照会書への記載内容をサポートします。照会書は返送期限が設けられているので期限内に返送していただきます。

5相続放棄申述受理通知書が送られてきます

裁判所から相続放棄申述受理通知書という書類が送られてきます。この書類が届いたら相続放棄が無事に受理されたことになります。

相続放棄おまかせプラン費用

相続発生より3ヵ月以内の料金
66,000円~
相続発生より3ヵ月以降の料金
88,000円~

2名様以降は4.4万円

遺産相続お任せプランに含まれるサービス
無料相談
何度でも
戸籍収集
相続放棄申述書作成
書類提出代行
照会書への回答作成支援
親戚への相続放棄通知サービス

無料相談のご予約はこちら

オンライン面談にも対応

042-851-7403(電話受付:平日9:00~18:00)

無料相談24時間受付

平日夜間や土日祝のご相談、空きがあれば当日相談も対応可能です。

相続放棄Q&A

A.遺産の処分は、「みなし単純承認」となり、相続放棄をすることが出来なくなります。

ただし、その処分が建物の維持管理に必要な清掃のためにいわばゴミ同然だったものを廃棄した場合などの理由であればそれは「処分行為」にはなりません。
金銭目的などで売却した場合などは処分行為となり相続放棄は出来なくなります。

A.遺産や債務の調査が長引くなどして、相続放棄するかどうかの判断が3ヶ月以内に出来ないような場合は、家庭裁判所に熟慮期間延長の申立てをすることが出来ます。
A.相続放棄の申立ては郵送でも可能です。
A.撤回は出来ません。

無料相談のご予約はこちら

オンライン面談にも対応

042-851-7403(電話受付:平日9:00~18:00)

無料相談24時間受付

平日夜間や土日祝のご相談、空きがあれば当日相談も対応可能です。

ページの先頭へ

無料相談のご予約はこちら042-851-7403(電話受付:平日9:00~18:00)

平日夜間や土日祝のご相談、空きがあれば当日相談も対応可能

無料相談予約フォームオンライン面談にも対応