知らない人から相続についての書類が届いた場合

Q.知らない人から「あなたも相続人なので手続きに協力して欲しい」という内容の書類が届きました。

A.まず書類の内容をよく読んで下さい。

おそらく、あなたは相続人に間違いないのでしょうが、こういう時代ですから変な詐欺まがいのことだと困ります。
書類の発信者が司法書士や弁護士の場合には、所属会に照会することが出来るので名前と事務所住所で各会に問い合わせてみましょう。
書類の発信者が個人の場合は、きっちり相続関係を説明してもらいましょう。
その上で、身元がはっきりしたならその書類は遺産相続について手続きを行うのにあなたの協力が必要という内容のものです。
遺産分割協議をするには「相続人全員」の合意が必要なため、協議書に実印の押印と印鑑証明書の提出を求められます。
遺産がどれだけあって、あなたの相続分がどのくらいで、どのように分けるかを明確に説明してくれる場合は一応信用出来ます。
ただ、いずれにせよ、よく分からない人から書類が届いたようなケースは専門家に相談した方がいいでしょう。

この記事を書いた人佐伯知哉(さえきともや)司法書士紹介ページ

司法書士さえき事務所の代表司法書士。
主に相続関係の手続き、相続の生前対策(遺言・家族信託など)、不動産の登記、会社法人の登記を中心に業務を行っております。今後はさらに遺産相続問題に先進的に取り組む事務所を目指しています。

無料相談のご予約はこちら

オンライン面談にも対応

042-851-7403(電話受付:平日9:00~18:00)

無料相談24時間受付

平日夜間や土日祝のご相談、空きがあれば当日相談も対応可能です。

ページの先頭へ

無料相談のご予約はこちら042-851-7403(電話受付:平日9:00~18:00)

平日夜間や土日祝のご相談、空きがあれば当日相談も対応可能

無料相談予約フォームオンライン面談にも対応