疎遠だった兄弟が亡くなり、相続放棄をしたケース

状況

遠方に住んでおり、10年以上連絡を取っていなかった長男が亡くなったという事で、町田市にお住まいの男性からご相談がありました。

詳しくお話を聞いていくと長男には借金があったとのことで、早急に借金を放棄したいとのことでした。

当事務所からの提案&お手伝い

亡くなった長男の家族構成を相談者にヒアリングしたところ、独身だったとのことで、まずが状況を確認するために亡くなった長男の家に行き、借金の督促状や、銀行カードを探すことを提案しました。

結果

実際に長男が住んでいたマンションに相談者と一緒に行き、調査を行ったところ、借金の督促状や、銀行カードを発見することができました。

これを用いて、相続人全員が相続放棄の手続きを家庭裁判所にて行い、無事完了することができました。

 

この記事を書いた人佐伯知哉(さえきともや)司法書士紹介ページ

司法書士さえき事務所の代表司法書士。
主に相続関係の手続き、相続の生前対策(遺言・家族信託など)、不動産の登記、会社法人の登記を中心に業務を行っております。今後はさらに遺産相続問題に先進的に取り組む事務所を目指しています。

無料相談のご予約はこちら

オンライン面談にも対応

042-851-7403(電話受付:平日9:00~18:00)

無料相談24時間受付

平日夜間や土日祝のご相談、空きがあれば当日相談も対応可能です。

ページの先頭へ

無料相談のご予約はこちら042-851-7403(電話受付:平日9:00~18:00)

平日夜間や土日祝のご相談、空きがあれば当日相談も対応可能

無料相談予約フォームオンライン面談にも対応